気合球の命中は50%

ポケモンやスマブラについて書いていきます 暇つぶしになれば幸いです^^

アイテム投げフレーム表を作ったときに思ったこと

 まずフレーム表を見てください。

f:id:tombstone_4D:20200906092148p:plain

f:id:tombstone_4D:20200906092220p:plain

 

 アイテムなんてガチ対戦ルールじゃ関係ないだろと思う方もいますが、アイテム投げは数少ないシールド状態をキャンセルして出せる行動であること、そのうえでアイテム生成してくる相手のアイテム投げフレームによってシールドキャンセルから確定で反撃が取れるか否かを理解しておくことはキャラ対において重要になると考えられます。

 

 またアイテム生成できるキャラにとって、相手にアイテムを取られてシールドを貼られているときに、そこから反撃を取られる行動があるのかを理解しておくとより一層キャラ対に深みが出せます。

 

 以上の観点から、上記の表を見つつ考察していきます。

 

 

 

 

1.基本的に前投げの方が後ろ投げより早い

 

 

 相手の向きによって猶予フレームがあるかどうかはかなり重要です。アイテムを持った相手に対してめくりながら着地するかどうかを理解できていると、間合いの取り方も変わってくるかと思います。

 

 基本的にと言いましたが、一部キャラは前投げより後ろ投げの方が早いです。

 

ヨッシー

 前:8F 後:7F

ピチュー

 前:13F 後:10F

ガノンドロフ

 前:9F 後:8F

 

 この3キャラは若干ですが後ろの方が早いです。

 

 また、前後ろとも同じキャラは、

 

・プリン 12F

ゼルダ 10F

Mr.ゲーム&ウォッチ 11F

むらびと 11F

ロックマン 11F

WiiFitトレーナー 10F

ベヨネッタ 10F

 

の7キャラになります。

 

 上記9キャラにはアイテム投げの観点から言えば、めくりは意味がないと言えますね。

 

 

 

2.アイテム生成できるキャラのアイテム投げフレームを理解する

 

 

 ここからが本題で、アイテム生成してくるキャラが一番アイテム投げを利用してくるので、シールドキャンセル行動を考えるときには、この表が大事になってきます。

 

 生成できる条件が難しいキャラも入れていますが、早速見ていきましょう。

ワリオもアイテム生成できますが、大型アイテムに該当するので今回は除外しました。

 

リンク

 前:7F 後:9F

・ピーチ(デイジー)

 前:8F 後:11F

・シーク

 前:8F 後:11F

こどもリンク

 前:8F 後:10F

・スネーク

 前:8F 後:11F

ディディーコング

 前:7F 後:9F

ロボット

 前:7F 後:9F

トゥーンリンク

 前:7F 後:9F

むらびと

 前:11F 後:11F

ロックマン

 前:11F 後:11F

パックマン

 前:8F 後:11F

ルフレ

 前:10F 後:14F

クッパJr.

 前:8F 後:11F

・シモン(リヒター)

 前:8F 後:11F

バンジョー&カズーイ

 前:8F 後:11F

 

 

 赤字のキャラは他キャラよりもフレームが極端に早いキャラです。上記のキャラはアイテム投げから撃墜に繋げられるコンボなどがあるので、シールドしてきたら撃墜やコンボを頭の片隅に入れておいて損はないと思います。

 

 

 

3.アイテム投げが極端に早いキャラ、遅いキャラを理解しておく

 

 

 

 アイテム生成できるキャラにとって、相手のアイテム投げの速さは重要になってきます。

 

 最初の方にも述べましたが、相手のアイテム投げの発生は相手にアイテムを取られたときのシールドキャンセル行動の速さに関わってきます。もし遅ければ、シールドしたときにこちらの行動で固められたり、有利な読み合いを仕掛けられます。

 

上記の観点から、アイテム投げが極端に遅いキャラ(前投げの発生が10F以上のキャラ)をピックアップしていくと…

 

・10F

 ドンキー、クッパゼルダマルスルキナロイクロムワリオリザードンデデデWiiFitトレーナーリトル・マックゲッコウガ、剣術Miiルフレシュルクベヨネッタキングクルール

 

・11F

 Mr.ゲーム&ウォッチアイクむらびとロックマン

 

・12F

 ピカチュウプリン

 

・13F

 ピチュー

 

 

 アイテムを持っているキャラは空中攻撃がアイテム投げになるという仕様なので、シールドキャンセルからジャンプして空中攻撃を出すにはアイテム落としを経由する必要があります。またアイテムを持っている場合はスマッシュもアイテム投げになるので、よってシールドをキャンセルして最速で技を出す場合は、上必殺技しかありません。

 

 赤字で示したキャラは上必殺技の発生が9F以上かかるキャラ、または上必殺の攻撃判定が存在しないキャラなので、アイテムを持っているときのシールドキャンセル反撃が遅いキャラと言ってもいいです。

 

※アイテム落としを経由すれば9Fより早い行動が出せるキャラもいますが、

 シールド→ジャンプ→アイテム落とし→空中攻撃

 と操作精度が高い行動を必要とします。ぜひトレモで試してください()

 

 上記に挙げたキャラ以外にも上必殺技との発生の差が大きいキャラがいると思いますので、ぜひ自分で調べて見てください。

 

 

 

 

 

4.最後に

 

 こういった一見関係なさそうなデータでも相手のキャラクターの対策に利用できるので、疑問に感じたらフレーム表を見てから考察してもいいと思います。発生の早さや持続の長さなど、案外変なところか相手にぶっ刺さる対策が生まれてくるかもしれません。

 

 

 

最後まで見てくださってありがとうございました!

アイテム投げフレーム表を作ったときに思ったこと

 まずフレーム表を見てください。

f:id:tombstone_4D:20200906092148p:plain

f:id:tombstone_4D:20200906092220p:plain

 

 アイテムなんてガチ対戦ルールじゃ関係ないだろと思う方もいますが、アイテム投げは数少ないシールド状態をキャンセルして出せる行動であること、そのうえでアイテム生成してくる相手のアイテム投げフレームによってシールドキャンセルから確定で反撃が取れるか否かを理解しておくことはキャラ対において重要になると考えられます。

 

 またアイテム生成できるキャラにとって、相手にアイテムを取られてシールドを貼られているときに、そこから反撃を取られる行動があるのかを理解しておくとより一層キャラ対に深みが出せます。

 

 以上の観点から、上記の表を見つつ考察していきます。

 

 

 

 

1.基本的に前投げの方が後ろ投げより早い

 

 

 相手の向きによって猶予フレームがあるかどうかはかなり重要です。アイテムを持った相手に対してめくりながら着地するかどうかを理解できていると、間合いの取り方も変わってくるかと思います。

 

 基本的にと言いましたが、一部キャラは前投げより後ろ投げの方が早いです。

 

ヨッシー

 前:8F 後:7F

ピチュー

 前:13F 後:10F

ガノンドロフ

 前:9F 後:8F

 

 この3キャラは若干ですが後ろの方が早いです。

 

 また、前後ろとも同じキャラは、

 

・プリン 12F

ゼルダ 10F

Mr.ゲーム&ウォッチ 11F

むらびと 11F

ロックマン 11F

WiiFitトレーナー 10F

ベヨネッタ 10F

 

の7キャラになります。

 

 上記9キャラにはアイテム投げの観点から言えば、めくりは意味がないと言えますね。

 

 

 

2.アイテム生成できるキャラのアイテム投げフレームを理解する

 

 

 ここからが本題で、アイテム生成してくるキャラが一番アイテム投げを利用してくるので、シールドキャンセル行動を考えるときには、この表が大事になってきます。

 

 生成できる条件が難しいキャラも入れていますが、早速見ていきましょう。

ワリオもアイテム生成できますが、大型アイテムに該当するので今回は除外しました。

 

リンク

 前:7F 後:9F

・ピーチ(デイジー)

 前:8F 後:11F

・シーク

 前:8F 後:11F

こどもリンク

 前:8F 後:10F

・スネーク

 前:8F 後:11F

ディディーコング

 前:7F 後:9F

ロボット

 前:7F 後:9F

トゥーンリンク

 前:7F 後:9F

むらびと

 前:11F 後:11F

ロックマン

 前:11F 後:11F

パックマン

 前:8F 後:11F

ルフレ

 前:10F 後:14F

クッパJr.

 前:8F 後:11F

・シモン(リヒター)

 前:8F 後:11F

バンジョー&カズーイ

 前:8F 後:11F

 

 

 赤字のキャラは他キャラよりもフレームが極端に早いキャラです。上記のキャラはアイテム投げから撃墜に繋げられるコンボなどがあるので、シールドしてきたら撃墜やコンボを頭の片隅に入れておいて損はないと思います。

 

 

 

3.アイテム投げが極端に早いキャラ、遅いキャラを理解しておく

 

 

 

 アイテム生成できるキャラにとって、相手のアイテム投げの速さは重要になってきます。

 

 最初の方にも述べましたが、相手のアイテム投げの発生は相手にアイテムを取られたときのシールドキャンセル行動の速さに関わってきます。もし遅ければ、シールドしたときにこちらの行動で固められたり、有利な読み合いを仕掛けられます。

 

上記の観点から、アイテム投げが極端に遅いキャラ(前投げの発生が10F以上のキャラ)をピックアップしていくと…

 

・10F

 ドンキー、クッパゼルダマルスルキナロイクロムワリオリザードンデデデWiiFitトレーナーリトル・マックゲッコウガ、剣術Miiルフレシュルクベヨネッタキングクルール

 

・11F

 Mr.ゲーム&ウォッチアイクむらびとロックマン

 

・12F

 ピカチュウプリン

 

・13F

 ピチュー

 

 

 アイテムを持っているキャラは空中攻撃がアイテム投げになるという仕様なので、シールドキャンセルからジャンプして空中攻撃を出すにはアイテム落としを経由する必要があります。またアイテムを持っている場合はスマッシュもアイテム投げになるので、よってシールドをキャンセルして最速で技を出す場合は、上必殺技しかありません。

 

 赤字で示したキャラは上必殺技の発生が9F以上かかるキャラ、または上必殺の攻撃判定が存在しないキャラなので、アイテムを持っているときのシールドキャンセル反撃が遅いキャラと言ってもいいです。

 

※アイテム落としを経由すれば9Fより早い行動が出せるキャラもいますが、

 シールド→ジャンプ→アイテム落とし→空中攻撃

 と操作精度が高い行動を必要とします。ぜひトレモで試してください()

 

 上記に挙げたキャラ以外にも上必殺技との発生の差が大きいキャラがいると思いますので、ぜひ自分で調べて見てください。

 

 

 

 

 

4.最後に

 

 こういった一見関係なさそうなデータでも相手のキャラクターの対策に利用できるので、疑問に感じたらフレーム表を見てから考察してもいいと思います。発生の早さや持続の長さなど、案外変なところか相手にぶっ刺さる対策が生まれてくるかもしれません。

 

 

 

最後まで見てくださってありがとうございました!

最近出た珍味リスト

※食べてない奴は♡マークつけてます

 個人的クソマズ度を5段階でつけてます

 

・パチパチパチちょこ コーラ

 ★☆☆☆☆

 チョコとコーラとわたパチの数少ない不快成分を凝縮したもの。チョコとコーラの不快部分を微弱な刺激が持続させてくる。

 

モンスターエナジー ウルトラパラダイス

 ★★★★☆

 割と飲みやすくておいしい。甘さも丁度良い。

 

セブンイレブン アールグレイ

 ★★☆☆☆

 虚無。その一言ですべてを現すことができる。何か一緒に食べながら飲むといいと言われたが、その食べ物の美味しさを100とすると50ぐらいになるのでオススメはしない。しかし、単体で飲み続けるとどこかのタイミングでスリップダメージが発生してクソ。

 

カップヌードル抹茶(20200807更新)

 ★★★☆☆

 普通。抹茶でカップヌードルだったら抹茶塩かなあって思ってたら抹茶塩だった。塩に抹茶の風味がある感じ。普通過ぎてコメントに困る。トムヤムの足元にも及ばない。

 まずくはないので星3で。

 

・ライザップヌードル(ファミマ) ♡

・果実の味わい パイナップルチョコ ♡

・KOMB(ジュース) ♡

ファミマ ペヤングGIGAMAXガーリック

・アイアンボス

対麺 考察など

・リング空N→リング空前空後→ドラゴン空前空後やばい リング空Nは起点になることが多いので意識しておく

・基本的に上から攻める意識 ドクマリならカプセルと空Nで

・カプセルは腕伸ばしたリングと相殺したときにリングが落ちるのでリングの時は意識して投げる ただ空Nはどれでも落ちるので注意

・またボルト攻撃はカプセルを貫通するので注意

・ドラゴンが強化されてるか否かで狙ってくる行動が変わってくるかも?

ドクマリだったら崖より浮かせた方がいいかも 崖外の麺の選択肢が割とある気がする

・ボルト時はガンガン間合い詰めて発生前に潰すのが良い…?

・腕攻撃に対して相殺は狙った方がいい 空中ガード的な感じ

・上と似たような話で最序盤の前投げ展開は前投げを内ベク変から空J空Nで腕攻撃されても相殺できる

・ボルト横スマはさすがに威力が高すぎて相殺不可

・復帰のリング横スマ下シフトはできれば相殺狙いで 普通に崖掴まりじゃなくてふわふわ浮いてるところにも刺してくるので注意

・上Bでバーストライン近くまで追ってくることがあるので位置関係は意識しておくこと

・浮かせてからの投げコンはガンガン狙って良い 回避と空下を主に意識して空Nを考慮するぐらいで良さそう

・崖上がりが割と難しいキャラなのでそこも詰めてよさそう 崖や着地の弱いキャラは人の癖が出るので癖狩りも一考

 

また対戦して気が向いたら更新します たぶん

ドクマリでのカービィ対策

・引くよりガンガン攻めたほうがよい ドクマリの方が接近したときの圧がある

・空後以外の空中での暴れが遅いので下投げコンの方が入るかも(要検証)

ドクマリの喰らい姿勢の関係でカービィのコンボが入りづらいので火力がそこまで入らないっぽい

・空下上強空後は空下を喰らった時にずらしでどっちに着地するかをあいまいにした方がいいかも

・立ち回りにしゃがみが多いので吹っ飛び緩和されやすい それを利用してコンボ伸ばすこともできるので意識しておく

・上Bは出始めが遅いのでそこを狩るか、下降時をジャスガして上Bで割り込むなどする

・相手の崖上がりは崖離し空前上がりを警戒した位置取りを意識する ジャンプ上がりは遅いので見てから行動しても間に合うし、下方向への攻撃が強くないので真下を陣取る

・崖離し行動が多い関係からか下強が機能するっぽい また再度の崖掴まりには崖シーツも一考

カービィのガーキャン行動が予想以上に遅い(最速がガーキャン空後の9F)なので片眼の意識を持ってもいいかもしれない

・移動回避崖掴みが頭そこまで出ないのでDAはほぼほぼ不可能 下強横強下シフト空下を狙う意識を

 

とりあえず

 

アーカイブhttps://www.youtube.com/watch?v=7PB1U2XHtYA

見てなんか気づいたこととかあったら言ってください 病気の妹が喜びます

メンバーシップのご案内

Youtube側の審査が通ってようやくメンバーシップを開始することができました!ここではメンバーシップ特典の内容を紹介していきます。

※事情により特典内容が変わる可能性があるのであらかじめご了承ください。

 

https://www.youtube.com/channel/UC9NGb26s4iszCV3pcRKtd9w

 

メンバーシップには「90円プラン」「490円プラン」の2種類があります。それぞれのプランの内容について今から説明していきます。

 

★90円プラン

・メンバー専用Discordへの招待URLを閲覧し入ることができます

・「雑談」「対戦募集」などのチャンネルが利用可能です ボイスチャンネルも利用可能です

・私が描いた備忘録を見ることができます

・メンバー限定配信を行うかも。。。

 

★490円プラン

・90円プランの内容を全て利用可能です

・メンバー個人のチャンネルを作成します 基本的には個々人へのアドバイスなどはそちらにて行います こちらにてキャラ対などの質問をしていただくことができます

・月に2度のアドバイス有りフレ戦(1回3戦)が可能です 「通話あり」「配信上で対戦」を選ぶことができます

・月あたり3本のリプレイアドバイスが利用可能です リプレイを投稿した旨をメンバー個々人のチャンネルにて伝えてください

 

他こうしたほうがいいとかがあれば意見をいただけるとありがたいです

 

お試しプランでもいいのでどうかよろしくお願いします。。。